窓の結露にスクイージーと100均グッズで格闘!

男の家事

窓の結露対策に100均の意外?な物が役にたったので紹介します。

わかってしまえば、『そんな物?』なんですが、気づいたときには、めちゃくちゃ嬉しかったので記事にしました。

ぜひ、ぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

窓の結露対策はまずスクイージーから

我が家では、窓の結露対策にいろいろ試した結果、スクイージーがメインアイテムとして活躍しています。

対策というよりは、対処法ですよね。毎日結露が出来るんですから。

 

リビングの窓だけでも、500mlペットボトル以上集まります

朝起きると、カーテンとレースのカーテンを開けて、スクイージーを手に持ちます。

 

ガラスの面を下から上に滑らせると

『トクトクトク。トクトクトク』

という音とともに、大量の水が集まります。

 

毎日格闘している方ならわかると思いますが、ガラス面の水滴を集めただけじゃ終わらないんですよね。

 

そうです!

サッシのアルミ部分にも大量の水滴があります。

 

さらに、はめ殺し(固定)の窓だと水受けがあって、そこにも水が溜まっています。

この水受けの水は、毎日処理しないと貯まる一方なので、本当に面倒クサイ。水抜きがあるんですが、上手く機能していないんです。

 

こんな状態を毎日続けていた所、救世主のようなアイテムが現れました。

結露対策の救世主の100均アイテムとは

毎日の結露取りを楽にしてくれるアイテム

それは

洗車用拭き上げクロス

スポンサードリンク

100円ショップに売っているクロスで、洗車した後に水垢の後が付かないように水滴を取るために使うものです。

たまたま、洗車前にクロスを買って拭き上げてみると、水滴がキレイに取れるではありませんか!

 

今まで使っていたクロスよりも安くて、しっかりと取れるので

「これ、いいなあ」

と思いながら、フキフキフキ。

 

と、その時にひらめいたのが結露に使うことです。

結露用の吸水タオルが全然使い物にならなかったので、100円だからと思い、もう1つ購入して、翌日試してみました。

洗車用クロスを試した結果は?

洗車用拭き上げクロスを試した結果は

完璧!完璧!完璧!

もちろん、スクイージーでガラス面の水滴は全て取った後に使います。

アルミ部分もスッキリと取れますし、水が貯まっている水受けもクロスを浸して絞るだけ。

吸水力が全然違いますよ。

 

ヒラメいてしまえば、なんてことないんですが、実際に使ってみるともう手放せません。

「なんで今まで気づかなかったかなあ~」

 

最近では、子供たちの部屋の水受けまでも毎朝キレイにしています。

100均の洗車コーナーに行くと、1枚の大きなサイズのクロスがありますのでぜひ使ってみて下さい。

1つ難点として、色がオレンジってことがあります・・・

さいごに

今まで、結露取りが面倒だと思いながらやっていましたが、最後の仕上げまでが完璧に出来る状態になると、案外楽しいもんです。

道具1つでこんなにも気分が変わるのかと、驚いています。

結露が起きるのは、ひとまず仕方がないことなので、吸水力抜群の洗車クロスで結露対策をしてみてください。

スポンサードリンク

関連記事一覧