服を収納する絶対上手くいくコツを紹介!片付かないと嘆く人におすすめ

男の家事

服って放っておくと増えていきますよね。

いつの間にか収納場所がなくなって、どうにか上手に服が収納できないかと思い始めます。

 

そこで、今回は服を上手に収納するコツを紹介したいと思います。

僕が紹介する通りのことをすれば、絶対に上手くいきます。

とっても簡単ですよ

いろんな方が言ってきていることなので、聞いたことがある内容ですが、できる人が少ない内容だと思います。

スポンサードリンク

服を全て一ヶ所に集める

まずは、持っている服を全て一ヶ所に集めます。

全部です!

その量に結構驚きますよ。

  • 覚えていない服
  • もう、サイズが合わない服
  • デザイン古いでしょって服
  • 痛んでいる服
  • 薄汚れた服
  • タグが付いたままの服

いろんな服がいっぱい出てきます。

僕の奥さんなんかは、物を大切にしたいから捨てられないと言いますが、「そんなに大切なら、全ての服をちゃんと着てあげなさいよ」と思っちゃいます。

だいたい、収納のコツを調べる人って、

  1. 捨てられなくて
  2. 物を大切にしていると思っているけど
  3. 実はしまいっ放しで
  4. 使ってあげていない人

が多いのではないでしょうか。

このことを自分で理解するために、一ヶ所に全て集めます。

必要・不要を仕分けする

一ヶ所に集めたら、確実に必要な服と不要な服とに分けられます。

まずはざっくりと仕分けしてしまいましょう。

そして、不要な服はダンボールにたたんでいれて、古着屋や買取専門店などに送れるように整理します。

この時点で、だいたい元の半分の量に減らします

 

というか減らして下さい。

 

仕分けしながら、なんとなくどんな服を持っているのかも把握できるので、一着づつ仕分けします。

収納できる服だけ残す

ここからが本番です。

仕分けした中から、さらに、現在収納できるタンスの容量と、服がかけられるハンガーの容量だけを残すようにします。

季節で入れ替える服は、入替え用のケースの容量分を残します。

スポンサードリンク

だいたい、本当に使う服って限られていて、そんなに種類って必要ないんですね。

僕なんかは冬の場合

  • コート:1着
  • ダウンジャケット:1着
  • セーター:2着
  • シャツ:1枚
  • ジーンズ:1本
  • スラックス:1本
  • スーツ:2着
  • ワイシャツ:2枚
  • その他下着

これだけあれば十分です。

なのでラン友さんと飲みに行ったりする時もいつも同じ服です。

 

これを夫婦の寝室の、常時使うタンスに入れるわけですが、僕の場所はタンス2段もあれば十分です。

残りの6段と、オープン棚2段は奥さん用に使っています。

もちろん、押入れに春夏の服などは収納してありますよ。

 

僕の分だけ見れば収納のコツなんて不要だと思いませんか?

 

ちょっと広めのビジネスホテルのクローゼットにも納まる量です。ビジネスホテルのクローゼットを使う時ってコツなんかないですよね。

だって持参している服が少ないから。

 

家でも、量を減らせばコツがいらなくなります。

我が家の場合、まだまだ奥さんの服の量には改善の余地がありますが、これでも45Lの袋で10袋分の服を奥さんに処分してもらいました。

ようやくここからスタートです。

でも、10袋分処分してくれたおかげで、今ある収納スペースだけを使って服を収納できています。

 

ここまで減らせば「コツ」なんていらないんですよ。

片づけるのが苦手でも、タンスに服を入れるだけなら出来ますよね?

それだけなんです。

さいごに

いかがでしたか?

服を減らせば絶対上手く収納できると思いませんか?

あたり前のことなんですよね。

他の方法を探すよりも簡単ですよ。

 

自分でもよ~くわかっていたことだと思いますので、後は実行するだけです。

 

ここで重要なのは、「コツ」という名目で、収納するために、別のスペースを確保してしまうことです。

もし

  • 減らせない
  • 捨てれない

という人は、物に対する執着を捨ててみると簡単になります。

物を所有することや買い物をすることで幸せを感じる自分を冷静に見つめ直す良い機会になりますよ。

スポンサードリンク

関連記事一覧