インテリアが北欧風になる家具の素材と色合い!おすすめはコレ!

男のインテリア

北欧の家具といえば、アアルトやフリッツハンセン社、などが有名です。北欧ぽっくしたいならビンテージで購入すればまさに北欧に近づきますが、簡単に手が出る値段ではありません。

そこで、今回は

北欧風になる

  • 家具の素材
  • 家具の色合い
  • 家具のおすすめデザイン

を紹介したいと思います。素材と色合いとデザインの特徴を捉えて揃えていけば、簡単に北欧風のインテリアに近づけられると思います。

スポンサードリンク

インテリアが北欧風になる家具の素材

独特でお洒落な雰囲気が人気となり今や定番となりつつある「北欧風」の物たち。雑貨や小物を集めるだけに留まらず、インテリア自体にもそのテイストを取り入れたいですよね。

北欧は気温が低く、家の中で過ごす時間が長くなっています。そのため、より快適に過ごすためインテリアへのこだわりが強く、発展してきたと言われています。

また、恵まれた自然環境により、家具作りの素材にするための材木が豊富なことによる影響も大きいんです。

そこで、まず抑えておきたいのは

自然を意識した木のぬくもりを感じさせる素材のものを選ぶ

ということ。

家具や小物を選ぶ際には、なるべく木の素材を生かしたままの物を選ぶと良いでしょう。同時に壁や床など大きな面を白や木のフローリングなどにすることで、ぬくもりを感じさせ、ナチュラルなテイストを出すことができます。

インテリアが北欧風になる家具の色合い

北欧は寒い地域ということから、少しでも温かさを演出するため、『家具の素材』で説明したように木材の温もりを感じられる家具をそろえます。

その際、部屋に圧迫感を出さないよう、全体的に腰窓よりも低い家具で統一すると良いでしょう。

また、日照時間が短い地域のため、部屋を明るくみせるために明るい色合いの木材を使います。

全体的に白色の割合が多くなるので、インテリアのアクセントとしてパステルカラー等の色味の強い物を取り入れることで、部屋全体の色合いにまとまりが生まれ、落ち着いた空間になります。

インテリアが北欧風になる家具のおすすめ

北欧風のインテリアというと、シンプルでナチュラルなテイストを中心に据え、肘掛けに木材を使ったソファや、幾何学模様の敷物などが中心になります。

日本でもたくさんのファンがいる北欧の家具は無垢材を多用し、木目などから自然素材の美しさを最大限に引き出したものが扱われています。

例えば

◆ソファ

足やフレーム部の構造に木材を用いて、ファブリックの部分は鮮やかな色彩のものを選ぶ。

フレームなどはほんの少しの部分しか現れてきませんが、床とソファーの繋がりを意識させるかどうかで、縁を切ってスッキリとした印象にコーディネートできます。
▽こんな感じですね。


◆センターテーブル

スポンサードリンク

木材の木目を活かした明るい色で、デザインは若干の丸み(面を取った程度)を帯びたフォルムがスリムでスッキリとした印象を与えます。

たとえば、単純にだ円のテーブルなどを選ぶと、ぱっと見は北欧っぽく見えますが、洗練された北欧風には成り得ませんね。ちょっと安っぽくなります。

▽選ぶならこんな感じですね。


◆ダイニングテーブル

木材の天板は必須ですね。これをガラスにするとただのモダンテイストになり、かなり無機質な空間作りになってしまいます。

とにかく抑えるポイントは徹底的に!というのがインテリアで統一感を出す基本になります。

▽選ぶならこんな感じ。


テーブルの足の色が黒ということで、空間を引き締めてくれます。

部屋の中の色彩を白や黒のモノトーンや自然の色であるアースカラーに統一しながら、その中にビビッドなカラーの家具をひとつだけ滑りこませて、全体を引き締める効果を発揮できるのがポイントですね。

長く寒い季節を室内で過ごすために、お部屋の中のそこかしこにあしらったグリーンの鉢植えなども、心を癒やしてくれる大切なインテリアとしておすすめです。

参考記事⇒インテリアを北欧風にしたい時におすすめの観葉植物はコレ!

さいごに

いかがでしたか?結局の所は木材を中心にナチュラルな素材を使うということだと思ったかもしれません。

しかし、部分的な色の使い方や印象に残りにくい細かい面の処理などを意識的に取り入れていくことで、ただのナチュラルとは違った『北欧風』のインテリアに仕上がります。

また家具のデザインも常にシンプルが一番ですから、過度の装飾の物はインテリアの中にマッチしないということもポイントです。

ビンテージだと数十万円という家具も、北欧風のデザインを意識した家具であれば10万円前後で手に入ります。

家具は一度購入すると、丁寧に手入れをしていけば何十年も使えるものなので、後悔しない家具選びを意識してみてください。

ちなみに我が家では、20年以上も使い続けている12万円の椅子があります。

1ヶ月500円で購入できる計算になりますね。良いものを長く使うということは節約にもつながるということを教えてくれた経験の1つです。

スポンサードリンク

関連記事一覧