キッチンの掃除方法!流し台やステンレスの水垢取り・排水管まで紹介

男の家事

毎日使うキッチンの流し台。食品を扱うのでキレイな状態で使いたいですよね。

食べ物や油汚れだけでなく、頑固な水垢やサビまで発生する場所で、掃除の方法として洗剤の使い分けが必要な場所です。

 

1つの洗剤でキレイになるのが理想ですが、そうもいかない厄介な場所。

ただ、一度わかってしまえば、掃除も楽になります。

今回は

  • 日常的な流し台の掃除
  • ステンレスについた水垢やサビの掃除
  • 見ないふりは禁物の排水管の掃除

についての掃除方法を紹介します。

スポンサードリンク

キッチンの流し台の掃除

日常的な流し台の掃除方法は3つあります。

①クリーミークレンザーを使う方法

◆使う物

  • クリーミークレンザー
  • やわらかいスポンジ

研磨剤が入った洗剤で油汚れや食べ物汚れを落とす方法です。
ステンレスの目に沿ってこするのがコツ。
ステンレスの目は左右横方向に流れています。

清掃後は水気を拭き取ると水垢予防に!

②重曹を使う方法

◆使う物

  • 重曹
  • やわらかいスポンジ

クリーミークレンザーの代わりに重曹を使います。重曹の粉をシンクにふりかけてスポンジで磨くだけ。研磨剤ではないのでコスル目を気にする必要はありません。

③マイクロファイバークロスを使う方法

◆使うもの

  • マイクロファイバークロス

洗剤も水も使わない方法です。超極細繊維が油汚れやホコリをからめとります。吸水力が抜群なので同時に水気も拭き取ってくれて一石二鳥です。

ただ、このクロスはどこで洗うの?といつも思ってしまいますね。

キッチンのステンレスの水垢やサビの掃除

水回りにはつきものの、水垢とサビの掃除方法です。

水垢の掃除方法

◆使うもの

スポンサードリンク
  • クエン酸水(200mlの水にクエン酸小さじ2杯を溶かしたもの)
  • スプレー容器
  • やわらかいスポンジ

クエン酸水をスプレー容器に入れて、汚れに吹き付けます。
スポンジでこすって水垢を落とします。

【こすっても落ちない場合は?】
キッチンペーパを水垢の部分に貼り付けます。
クエン酸水を吹き付けます。
2時間~3時間そのまま放置します。頑固な場合は一晩。
水垢の結晶が柔らかくなり、こするとボロボロと取れてきます。

このクエン酸パックは、やってみると感動しますよ^^絶対に試して欲しい方法です。

サビの掃除方法

◆使うもの

  • カンペハピオ 復活洗浄剤 サビ取り用(商品名です)

ステンレスのシンクや蛇口に発生したサビに、復活洗浄剤を塗っておくだけです。シンク用のサビ取り洗浄剤もありますが、それでも落ちない場合はこの洗浄剤を使うと良いです。

キッチンの排水管の掃除

排水管の清掃は2つの方法があります。

①パイプ専用洗浄剤を使う方法

◆使うもの

  • パイプ専用洗浄剤
  • お湯

洗浄剤を排水口に入れます。
お湯をかけます。
泡で排水管が満たされます。

洗浄剤は粉タイプのほうが、泡立ちが良くて使いやすいです。

②重曹を使う方法

◆使うもの

  • 重曹1カップ
  • 塩1カップ
  • お湯

重曹を排水口に入れます
塩を排水口に入れます。
お湯をかけます。
重曹が泡だって汚れを落とします。

重曹と塩を使う量がちょっと多いので、掃除するときにためらってしまいがちです。基本的に重曹を使う方は、肌や自然に優しいタイプの掃除方法を選んでいると思いますので、そこは生活スタイルで選びましょう。

さいごに

掃除方法さえわかってしまえば、頑固な水垢だって難なく取れます。

排水管だって常時キレイな状態にしておけば、スポンジに洗剤を付けて直接手で洗っても汚くありません。

最後に、とにかく水垢だけは試してみて下さい。ポロポロ落ちるのが見てて楽しいですよ。

スポンサードリンク

関連記事一覧