ワキガ対策クリームと併用すると良い1000円以下で買える市販のボディソープ!

ニオイ対策

ワキガ対策クリームと併用してボディソープを探している方向け。

「ワキ以外にも体臭って気になるけど、全身洗えるボディソープで他の部位も対策できないかな~?」

そんな疑問に答えます。

スポンサードリンク

ワキ以外でニオイ対策が必要な部位

ワキガ対策をしているということは、他の部位もニオイ対策が必要ってことはわかりますよね。

僕も当然、全身を意識してケアしています。ワキガ以外だと加齢臭

この加齢臭って「毛」の多い箇所から発生しているって知っていましたか?

ですから、ケアをする部位は「毛の量」を目安に絞り込むことが出来ます。

ワキ以外でニオイ対策が必要な部位8か所

対策が必要な箇所は8か所あります。

それは

  1. 耳裏
  2. 背中
  3. ワキ
  4. お腹

です。

ちょっとここでどこが一番加齢臭がするか想像してみてください。

一般的に言われているのが、耳裏とか頭からニオイがするっていいますよね。

実際にテレビ番組で測定してみたところ、意外な部位が1位でした。

これは、結構驚きです。

しっかり対策していたつもりでも、出来ていないことのほうが多かったかもしれません。

ワキ以外でニオイ対策が必要な部位8か所で一番ニオウのは?

それでは、ニオイを測定した数値を低い順で並べてみます。

  • 腕:110
  • 脛:130
  • 耳裏:200
  • お腹:260
  • 胸:500
  • ワキ:710
  • 頭:730
  • 背中850

一番加齢臭対策が必要なのは、背中でした。

なぜ背中なのか?

それは、毛が多く見えないけれど頭に匹敵する毛穴の数が多い部位で、さらに面積も広いため加齢臭の総量が1番多くなるとのこと。

これは意外でした。

背中って、念入りに洗ってる記憶ってありますか?

どうりで、マラソン大会終了後のシャワー前に、腰回りからニオイがするわけですね。腰回りだけじゃなくて背中からもニオイがしていたってことです。

流石に、背中のような広い面積をクリームを使って対策するなんて現実的ではありません。

そこでおすすめなのがボディーソープ。

ワキガ対策クリームと併用すると良い1000円以下で買える市販のボディソープ!

最近、奥さんからも、加齢臭しなくなった?と聞かれます。

うちの奥さんは、かなり鼻が利く方で、タオルの微妙な雑菌繁殖のニオイとか、すぐに気づきます。

スポンサードリンク

そんな奥さんが加齢臭しなくなった?と聞いてくるんですから、喜んじゃいますよね。

それが1本1000以下で売っている市販のボディーソープを使い始めてからです。

何を使っているのかというと

SOC 薬用柿渋ボディソープ 本体(800mL)【SOC】

ネットだと送料がかかって高くなりますが、近所のスーパーに売っていました。

今まで使っていたのが柿渋石鹸だったのですが、ボディーソープに変えてから「加齢臭しなくなった?」という言葉を奥さんから聞けたんですね。

いや~、近所のスーパー様様です。

詰め替え用も400円前後で買えますし、本当にお得。

で、注目なのが成分です。

柿渋エキス(カキタンニン)と緑茶エキス(チャカテキン)のダブル配合以外に入っている成分を見て驚きました。

  • 殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)

この成分、ディーアジカとデオシークの比較で有効成分を整理した記事でも紹介していますが、ワキガのニオイの元になる雑菌の繁殖を抑える成分で配合されていましたよね。

まだ読んでいない方はコチラ

このボディーソープにも「殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)が体のいやな臭いや汗の臭いをしっかり抑え、お肌を清潔に保ちます。

と商品説明があります。

なるほどね~。と感心。

このボディーソープで全身をしっかりと洗うようになったおかげです。

ちなみに、しっかりと洗っても、洗う前の状態には8時間で戻るようなので、夕方には加齢臭復活ですね。

そういえば、ボディーソープが切れて、普通のボディーソープで洗っていたら、ニオウよ!と奥さんに言われた記憶が蘇りました。

日常的に使っているだけだったので、ある時から加齢臭対策をしているという感覚がなくなっていましたが、対策をやめると加齢臭は復活するんです。

さいごに

  • 背中:850
  • 頭:730
  • ワキ:710

この3か所は要対策部位です。

でも背中が1番だなんて知りませんでしたね。

背中も念入りに、しかも、市販の1000以下の柿渋ボディーソープで洗って、

ニオワナイ!!

って言われてください。

もちろん、ワキの対策にはディーアジカ継続していますよ。「クサイって思われてるかも?」っていう生活をしなくて良いのは精神的に楽ですからね。

スポンサードリンク

関連記事一覧